本文へ移動

坂本花織、新プログラム「タンゴアモーレ」に拍手喝采「今までやったことないタイプの曲で難しかった」 【全日本エキシビション】

2021年12月27日 19時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「メダリスト・オン・アイス」で演技する坂本花織

「メダリスト・オン・アイス」で演技する坂本花織

 ◇27日 フィギュアスケート全日本選手権エキシビション(さいたまスーパーアリーナ)
 女子で3年ぶり2度目の全日本選手権制覇を果たし、2大会連続の五輪代表に決まった坂本花織(21)=シスメックス=が、新しいエキシビションの演目「タンゴアモーレ」を初披露した。
 黒いシックな衣装に身を包んで氷上に登場した坂本はバイオリンが奏でる情熱的なタンゴの調べにあわせたステップやスピンなどを力強く披露。場内のファンの拍手に促されて演じたアンコールではフリー曲「No More Fight Left In Me(もう争う気力はない)」の一部を披露して、再び大きな拍手を浴びた。
 観客の前で初めて演技するプログラムには戸惑いもあったようで、男子の羽生結弦(ANA)とともに臨んだキス・アンド・クライでの場内インタビューでは「今までやったことないタイプの曲だったのでちょっと難しかった」と苦笑い。しかし、北京五輪に向けた抱負を聞かれると表情が変わり、「自分のパーフェクトな演技ができるようにしっかり追い込みをしたい」と意気込んだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ