本文へ移動

悲願の五輪出場を決めた樋口新葉「五輪本番では今までで一番の演技を」【フィギュア全日本エキシビション】

2021年12月27日 18時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「メダリスト・オン・アイス」で演技する樋口新葉

「メダリスト・オン・アイス」で演技する樋口新葉

 ◇27日 フィギュアスケートの全日本選手権エキシビション(さいたまスーパーアリーナ)
 悲願の北京五輪出場を決めた樋口新葉(20)=明大=は、灰色のコスチュームで、エキシビションナンバー『Primavera』のしっとりした曲調にシンクロするように優美な舞を披露。ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)と3回転ルッツ―2回転トーループの連続ジャンプを鮮やかに跳んだ。
 演技中は自然と笑みをこぼし、「たくさんの人にメッセージをいただいて、実感が湧いてきました。五輪本番では今までで一番の演技ができるように頑張りたい」と意気込んだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ