本文へ移動

五輪連続出場の坂本花織「ちょっとでも場を和ませられたら」日本女子フィギュア陣のムードメーカーになる!

2021年12月27日 12時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
北京冬季五輪代表に決まり、記者会見する坂本花織

北京冬季五輪代表に決まり、記者会見する坂本花織

 フィギュアスケートの全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)で優勝して2大会連続の五輪女子代表に決まった坂本花織(21)=シスメックス=が27日、オンラインで一夜明け取材に応じ、「平昌五輪の点数と順位よりも上にいくのを目標にしていて、さらに絞ると表彰台に上がりたいという気持ちがあります」という抱負を披露した。
 目標を実現するためのポイントとしては「スピンのGOE(出来栄え点)をジャンプ並みに稼げたら」と分析。不調に陥った2019~20年シーズンでの苦い経験を踏まえた上で、「練習を積んで無駄になることは一つもない。いつも通りの演技がちゃんと五輪の舞台でできるようにしていけたらいいなと思っています」と語った。
 そんな坂本は3人の女子代表の中で唯一の2大会連続出場となる。「自分が(日本の)エースと思ったことは全くない。選ばれた3人は本当に横並びと思っている」と言う一方、18年平昌五輪の経験を樋口新葉(明大)や河辺愛菜(木下アカデミー)に伝える意向を示し、「自分を含めてみんな緊張すると思うので、ちょっとでも場を和ませられたら」と持ち前の明るさを生かしたムードメーカー役を買って出た。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ