本文へ移動

羽生結弦、五輪3連覇が明確な目標に 全日本V一夜明け「同学年の大谷翔平に勇気をもらっている」

2021年12月27日 10時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
北京冬季五輪代表に決まり、記者会見する羽生結弦

北京冬季五輪代表に決まり、記者会見する羽生結弦

 フィギュアスケート男子で五輪連覇の羽生結弦(27)=ANA=は27日、連覇した全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)からの一夜明け取材に対応し、五輪3連覇への決意が芽生えたのは、五輪代表に決まり、日本代表のユニホームに腕を通したときだったと打ち明けた。
 「ジャージーに腕を通したとき、これがオリンピックなんだなって。自分は2連覇というものを常に持っていて、失うことは怖い。負ける確率の方が平昌オリンピックのときより間違いなく高い、今は。ユニホームを着たときに勝ちにいくんだな、勝ちにいかないといけないとあらためて思った」
 同学年の米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が「今まで史上、一番いい状態」であることに刺激を受ける。大谷は投打の二刀流で活躍し、今季はア・リーグMVPに輝いた。羽生は「手術後に前人未到のことを切り開くのを見ると、僕自身、勇気づけられる。僕もまだ見ぬ世界かもしれないけど、4回転半に一人で挑み続けているので、勇気をもらっている」と語った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ