本文へ移動

超富裕層1%が資産37%独占 コロナ禍で格差拍車

2021年12月27日 05時00分 (12月27日 05時01分更新)
 世界上位1%の超富裕層の資産が今年、世界全体の個人資産の37・8%を占めたことが、経済学者ら百人超による国際研究で分かった。下位50%の資産は全体のわずか2%だった。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ景気への刺激策で株式などの資産価値が急騰、格差が一段と広がった。
 特に最上位の二千七百五十人だけで...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

国際の新着

記事一覧