本文へ移動

【Bリーグ】シーホース三河・ユトフ26点11リバウンドで牽引するが21年最後のホームゲームを勝利で飾れず

2021年12月26日 22時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジェロード・ユトフが26点11リバウンドのダブルダブルで2日間ともにチームを牽引した

ジェロード・ユトフが26点11リバウンドのダブルダブルで2日間ともにチームを牽引した

  • ジェロード・ユトフが26点11リバウンドのダブルダブルで2日間ともにチームを牽引した
  • 西田優大が2Qドライブ、スティールからのダンクと連続で得点し、リードで前半を折り返すも悔しい敗戦
◇26日(日) Bリーグ1部13節 三河80 - 88 三遠(ウィングアリーナ刈谷)

シーホース三河ホームゲーム13節
三遠ネオフェニックス戦 GAME2
“三河ダービー”のGame2は、ダービーらしく、互いに譲らぬ熾烈なクロスゲームに。ユトフが26点11リバウンドのダブルダブルで牽引するも、三遠の勢いを止められず 80–88で敗戦。2021年最後のホームゲームを勝利で飾ることができなかった。
◆1Q
三河 16–15 三遠
互いにディフェンスの強度が高く、ロースコアな立ち上がり
スターティング5は、#5コリンズワース、#14ユトフ、#18角野、#19西田、#32シェーファー。
三遠の激しいディフェンスに苦しめられ、三遠#13ノックス、#21田渡の得点で先行される。それでもディフェンスで我慢して守り合いの展開に持ち込むと、#5コリンズワースがドライブでこじ開け、#19西田のフリースロー、#32シェーファーの3Pシュートで同点に追いつく。
#14ユトフが立て続けにファストブレイクから得点して前に出るが、その度に三遠に決め返され点差が離れないまま試合が進む。#5コリンズワースがリバウンドでハッスルして#32シェーファーが得点につなげるも、終了間際に三遠#26津山に3Pシュートを沈められ、16-15の接戦で1Qを終えた。
◆2Q
三河 29–25 三遠(三河 13–10 三遠)
我慢の時間が続くが、4点リードで折り返す
スタートは、#3柏木、#5コリンズワース、#7長野、#32シェーファー、#54ガードナー。
三遠#26津山の3Pシュートで逆転を許す。その後はシュートがリングに嫌われて得点が止まるも、ハードなディフェンスで相手にも得点を与えず、開始4分#14ユトフのドライブで同点に追いつく。その直後にも#14ユトフがリバウンドからダンクに持ち込んで勝ち越しに成功する。
三遠も#11岡田の得点で食い下がるが、#19西田とのコンビネーションで#54ガードナーが加点。#4細谷の3Pシュートで突き放す。#19西田がドライブ、スティールからのダンクと連続で得点し、4点リードで試合を折り返す。
◆3Q
三河 55–53 三遠(三河 26–28 三遠)
後半は激しい点の取り合いに。2点リードで4Qへ
スタートは、#5コリンズワース、#14ユトフ、#18角野、#19西田、#32シェーファー。
三遠#0ラベナにドライブ、3Pシュートとエナジー全開のプレーで猛追を受けるが、#14ユトフの連続3Pシュートで応戦。#19西田の1on1、#32シェーファーのミドルシュートで先行し、#19西田がポストアップからコンタクトを受けながらもシュートをねじ込んでリードを4点に広げる。
三遠に3連続で3Pシュートを決められて47-51と逆転を許すが、#7長野の3Pシュートで反撃。ブースターが大青援で三遠のフリースリーを落とさせ、#54ガードナーがパワーアタックで得たフリースローをきっちりと2本沈めて再逆転する。
三遠#0ラベナのアタックで再びリードを奪われるも、残り22秒に#4細谷がキレのあるドライブで#32シェーファーのゴール下をアシストして、2点リードで最終Qへ突入した。
◆4Q
三河 80–88 三遠(三河 25–35 三遠)
三遠の3Pシュートを止められず、悔しい逆転負け
#14ユトフのフェイダウェイ、3Pシュートの連続得点で先手を取る。三遠は崩れることなく#20ハリスの連続得点で追走。#0ラベナのドライブ、#14松脇にファストブレイク、3Pシュートを連続で決められ、6点のビハインドでオフィシャルタイムアウトを迎える。
#7長野の3Pシュート、#19西田のバスケットカウントで盛り返すが、三遠#14松脇の3Pシュート、#20ハリスのバスケットカウントを決め返され、残り2分半に点差を8点に広げられる。
#7長野と#54ガードナーの2メンゲーム、#1ユトフの3Pシュートで、残り1分に3点差に迫ったが、再び三遠#14松脇の3Pシュートを決められ、残り1分で6点ビハインドの厳しい状況に。ファウルゲームに持ち込み、最後まで勝利を目指したが、点差を覆せず。最終スコア80-88で敗れた。
■シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント
「今日は昨日とは違い、お互いに点数が入らず、後半徐々にシュートが入りだすという展開でした。三遠さんのシュートが入ったというのもありますが、無理なシュートやパス、ディフェンスが収縮しているのにアタックしてターンオーバーになってしまったり、シュートにいけるのにパスを狙ってミスをしたり、というように若さが出てしまった。もう少し我慢できたら、なんとかなったかなと思います。三遠さんは、特に4Qでは"打つシュートが全部入る"という状態で、素晴らしかったと思います。両チームともに点数が入らないゲームでも、点数が入るゲームでも、我慢することを学んで、練習からしっかりやっていきたいと思います。」
■三遠ネオフェニックス ブラニスラフ・ヴィチェンティッチ ヘッドコーチ 試合後コメント
「この場を借りて、最後まで戦い抜いた選手たちを讃えたいと思います。連敗が続いていましたが、なんとかストップすることができて良かったと思います。#4カーター選手・#28津屋選手というスターターを担うような2選手を怪我で欠くかなり厳しい状態でしたが、昨日のゲームから課題点を見つけて改善し、チームとして良い形で取り組めたのではないかと思います。また昨日のゲームでは、オフェンス面でもディフェンス面でもソフトにプレーしてしまったことや、自分たちのゲームプランを遂行しきれなかったことなど、弱さを見せてしまったと思っています。そういうことで、今日はミーティングを短くしました。
「選手自身が何ができなかったのか」「どれだけ連敗していて危機的状況なのか」「2名の主力を欠くなかで集中しなくてはならない」ということを選手全員が理解できており、コート上で表現できたと思っています。
具体的にいうと、三河さんのファストブレイクポイントとオフェンスリバウンドを昨日と比較して抑えることができました。自分たちが自信を持ってプレーできた結果が最後3Pを決めきれたという要因になったと思います。
最後に、三河さんはプレーオフに出るような強豪チームだと思います。三遠も三河もこれからもシーズンが続くので、コーチ陣も含めて戦っていきたいと考えています。」
(シーホース三河のプレスリリースから)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ