本文へ移動

渋沢栄一の字 御神矢に 射水神社、木札に揮毫印刷

2021年12月27日 05時00分 (12月27日 10時13分更新)
新年から祈願を受ける参拝者に授与する御神矢。木札に渋沢栄一が揮毫した文字「射水神社」が印刷されている=高岡市の射水神社で

新年から祈願を受ける参拝者に授与する御神矢。木札に渋沢栄一が揮毫した文字「射水神社」が印刷されている=高岡市の射水神社で

  • 新年から祈願を受ける参拝者に授与する御神矢。木札に渋沢栄一が揮毫した文字「射水神社」が印刷されている=高岡市の射水神社で
  • 渋沢栄一が揮毫した「射水神社志」が表紙に貼られた射水神社の社史=高岡市の射水神社で
 射水神社(高岡市古城)は、新紙幣一万円の顔になる近代日本経済の父と言われる実業家・渋沢栄一(一八四〇〜一九三一年)が揮毫(きごう)した神社名を印刷した木札付きの御神矢を用意した。新年から祈願を受ける参拝者に新たに授与する。
 同神社遷座五十年の記念として一九二四年に刊行した社史「国幣中社 射水神社志」の題字を渋沢が書いたことが、社史に記されている。
 大河ドラマ「青天を衝(つ)け」で渋沢の生涯が描かれたことから高岡や射水神社にゆかりの偉人として顕彰する目的などで企画した。
 木札の表面は渋沢が揮毫した文字「射水神社」と干支(えと)の虎の図柄。裏面は、同神社のご神木「八重紅梅」の図柄で、願い事や祈願者名、祈願日時を書き込める。祈願の初穂料は六千円、大祈願は一万円、特別祈願は一万五千円から。
 同神社の田中天美権禰宜(たかみつごんねぎ)は「新年に新たな一歩を踏み出し、明るく健康な世に戻るように願いを御神矢に込めたい」と話した。(武田寛史)

関連キーワード

おすすめ情報

富山の新着

記事一覧