本文へ移動

エフフォーリア的中で「呪い」解けたと思いきや…霜降り・粗品、キセキ起きずまさかの引退宣言【有馬記念】

2021年12月26日 17時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
粗品

粗品

 競馬ファンで知られるお笑いコンビ霜降り明星の粗品(28)が26日、有馬記念終了後に自身のYouTubeチャンネルを更新。勝ち馬と予想していたエフフォーリアの的中で、予想馬が勝たない「粗品の呪い」が解けて喜んでいたはずが、思わぬ告白でファンを驚かせた。
 前髪で顔を隠した粗品は「どうも、生涯収支マイナス1億円君です」と静かな口調で動画をスタート。
 「昨日の動画で本日の有馬記念の予想を出したんですけども、僕の本命はエフフォーリアでして、買い目もいらんことはせずにシンプルに単勝でエフフォーリアにしたんですね。この予想が見事的中しまして、もし僕が馬券を買ってれば普通にお金が増えていたんですけど、買ってません…エフフォーリアの馬券を買ってません」と話し、髪をかき上げ「あの、言葉がありません。僕、エフフォーリアの馬券買ってなくて、正直違う馬から買ってました」と告白。
 馬券2枚をカメラに近づけ、「キセキの単勝に100万円じゃ、ボケーッ。キセキを信じた俺がアホやったー」と頭をかきむしった。
 「この馬、1回も奇跡を起こしてへんやん。いや、実力で勝ったりしたことは何回もあるけど、奇跡って今日勝つことちゃうの」と言葉にならない声を上げ、「僕だけかもしれませんね。日本でキセキの単勝に100万円行く男。うーん。何て言うんですかね。毎週日曜の15時30分前後に大金を失うデスゲームに参加させられてます」などと語った。
 さらに「キセキの単勝が30倍くらいだったので、3000万当てて、全ての仕事を辞めようと思ってました。かなわない、かなわない…(奇声)。でも、辞めます。競馬を辞めるというか、お金に触ることは辞めます。皆さん今までありがとうございました。本当の引退です。一言だけ最後に言わせてください。本当にキセキ、おつかれさまでした」と締めくくった。
 ツイッター上では「なんでキセキ単勝やねん」「だからエフフォーリア勝てたんですね」「粗品が賭けてくれなかったからエフフォーリア来たよ…」「粗品さん、呪いが解かれず残念です」などの声が上がった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ