本文へ移動

【有馬記念】横山武史がエフフォーリアで快勝も前日の油断騎乗を謝罪「心の底から喜べないのが残念です」

2021年12月26日 15時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エフフォーリアで有馬記念を制した横山武騎手

エフフォーリアで有馬記念を制した横山武騎手

◇第66回有馬記念(26日・G1・中山・芝2500メートル)
 エフフォーリアが現役最強馬の称号を手にした。今年最後を締めくくる大一番のグランプリ。1番人気の重圧を背負いつつ、鞍上の横山武は道中、落ち着いてレースを展開した。パンサラッサがレースをつくり、中段の外を折り合う。2番人気のクロノジェネシスと馬体を合わせながら徐々に進み、 抜群の手応えのまま最終コーナーへ。横山武のGOサインを感じると、豪脚を披露してゴール板を先頭で駆け抜けた。2着にはディープボンド、3着にはクロノジェネシスが入った。
 初の有馬記念を制した横山武史は勝利ジョッキーインタビューで「みなさんご存知通り、昨日、僕の不甲斐ない騎乗によって騎乗停止になってしまって、本当にエフフォーリアは頑張ってくれたと思いますし、有馬記念勝てて嬉しいですけど、心の底から喜べないのが残念です」と前日の5Rでエフフォーリアの弟・ヴァンガーズハートに騎乗しながら油断騎乗により2着に敗れ、騎乗停止を受けたことを謝罪した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ