本文へ移動

横井ゆは菜「クイーン」メドレーでノリノリ!演技後には感極まった表情【フィギュア全日本選手権】

2021年12月25日 19時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子フリーで演技を終え、手を振る横井ゆは菜

女子フリーで演技を終え、手を振る横井ゆは菜

◇25日 フィギュアスケート 全日本選手権 女子フリー(さいたま市・さいたまスーパーアリーナ)
 今季はグランプリ(GP)シリーズ2戦に出場したショートプログラム(SP)14位の横井ゆは菜(21)=中京大=が11番滑走で登場。124・00点をマークして、合計183・84点で今大会を終えた。
 黄色をベースとした衣装に身を包んだ横井は自らが選曲に携わったロックバンド「クイーン」のメドレーに乗って演技を披露し、冒頭のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)をダイナミックに決めると、ボーカルのフレディー・マーキュリーを思わせるしぐさを織り交ぜながらのステップで観客を魅了。4本目のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)―3回転トーループで転倒したが、ラスト7本目の3回転サルコーから後半の3連続ジャンプは力強い歌声に合わせてしっかり決めた。
 演技を終えた横井は氷上で感極まった表情を見せながら、何度かうなずいた。成瀬葉里子コーチと一緒に座ったキス・アンド・クライでも感情の高ぶりを抑えることができず、得点を確認した後の取材でも「今日はとにかく笑顔で滑りきると決めて、それがやり通せたのはよかった」と声を震わせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ