本文へ移動

夜間急変、救急車の要否を外部相談 県の補助で介護施設が試行

2021年12月24日 05時00分 (12月24日 16時16分更新)
 県は、入居型介護施設利用者の夜間の急変に備え、夜勤に当たる介護施設職員が、外部業者の看護師に救急搬送の必要性を相談できる体制づくりを試験的に進めている。電話を受けた看護師が受け入れ先の病院へ症状を伝えることで、施設側は看護師を呼び出したり、職員が救急車に同乗したりする必要がなくなる。施設職員の負担を減らし、不足しがちな介護人材の確保につなげる。(浅井貴司)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報