本文へ移動

<しが経済> 県産果物の飲料、どんどん売ります 彦根・平和堂が注力

2021年12月23日 05時00分 (12月23日 17時49分更新)
店頭に並ぶ県内産のイチゴで製造した酎ハイ=草津市のアル・プラザ草津で

店頭に並ぶ県内産のイチゴで製造した酎ハイ=草津市のアル・プラザ草津で

 県内産の果物を加工した飲料の販売を強化している平和堂(彦根市)が今月、県内で育てたイチゴを使った、缶入りの「滋賀県産いちごのチューハイ」を発売した。地元農家との連携を強化するとともに、食品ロスの削減や、形がふぞろいな非正規品の活用、地場産品のPRにつなげる。(山村俊輔)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧