本文へ移動

【F1】ニコラス・ラティフィ、殺害予告を受けていた 最終戦クラッシュでやり玉「多くのヘイトや誹謗中傷…大きなショック」

2021年12月22日 11時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニコラス・ラティフィ(AP)

ニコラス・ラティフィ(AP)

F1のウィリアムズに所属するニコラス・ラティフィ(26)が21日、自身の公式サイトを通じてSNSで多くの誹謗(ひぼう)中傷を受け、中には殺害予告もあったことを公表した。
 「ソーシャルメディアのアカウントで公開されたものはDM(ダイレクトメッセージ)を含めて何千ものメッセージが届いた。ほとんどは僕を応援してくれるものだったが、多くのヘイトや誹謗中傷も受けた」と明かし、「過剰なトーンのヘイトやそしりだけでなく、殺害予告もあり、大きなショックにさいなまれた」ともつづった。
 12日の最終戦アブダビGPで終盤に自身がクラッシュし、セーフティーカーが投入された。
 その後は、リスタートの手続きを巡って慌ただしい事態となり、残り1周でレースが再開されると、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)がトップを走行したメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)をかわして逆転優勝。初のシリーズ王者を手にした。
 ラティフィのクラッシュがなければ、ハミルトンがそのままレースに優勝し、タイトルを手にした公算が大きかったとされ、レース後はクラッシュ劇がやり玉に挙がっていた。
 ラティフィは今季がF1参戦2年目で、ランキング17位。決勝最上位はハンガリーGPの7位だった。来季もウィリアムズで参戦する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ