本文へ移動

神奈月の弟子、声優の武内駿輔が初出場V 日テレ系「ものまねGP」 師匠に感謝の24歳「恩返しできた」

2021年12月21日 22時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初出場で初優勝を果たした武内駿輔

初出場で初優勝を果たした武内駿輔

 日本テレビ系のバラエティー特番「ものまねグランプリ ザ・トーナメント」で声優の武内駿輔(24)が初出場で初優勝し、番組終了後リモートで囲み取材を行った。
 決勝には武内のほか、声優でタレントの山寺宏一(60)、タレントの友近(48)、ものまねタレントの荒牧陽子(40)が進出。武内は師匠でものまねタレントの神奈月(56)直伝の、歌手福山雅治(52)のものまねを披露した。
 視聴者投票の審査では2位の荒牧に大差をつけて栄冠を手に。優勝トロフィーを受け取った武内は、「この素晴らしい大先輩たちと競り合えただけでも貴重だったのに、みなさんのおかげでいいクリスマスにしていただきました。ありがとうございました」と笑みを浮かべた。
 囲み取材では、「自分がものまねをやるきっかけを授けてくれた神奈月さんにいい恩返しができた。師匠に感謝です。技術的なことじゃなく、ものまね芸を手ほどきしていただいたことに感謝したい」と喜んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ