本文へ移動

とくしま動物園・ホッキョクグマ「イワン」死ぬ 「大勢のファンの皆さまの期待にそうことができず…」

2021年12月21日 11時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
徳島市のホームページより

徳島市のホームページより

 徳島市の「とくしま動物園」は21日、ホッキョクグマ「イワン」が死亡したことを明かした。公式HPで発表した。
 イワンは20日午後11時15分、21歳1カ月で死亡。「18日から食欲が低下し、体調の悪化が懸念されたことから、20日(月曜)に血液検査及び治療を行っておりました」と経過をつづり、「職員もショックをうけておりますが、なにより大勢のファンの皆さまの期待にそうことができず本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。
 イワンは2020年5月、北海道旭川市「旭山動物園」からブリーディングローン(繁殖目的の貸し出し)にて来園。とくしま動物園では同年7月から公開していた。
 ネット上で体調を心配する声が多かったため、園側は20日、「sns等の情報により、皆様にご心配をお掛けした事、本当に申し訳なく思っております」と謝罪。24時間警戒態勢で治療していることを報告していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ