本文へ移動

広瀬すず〝新5000円札の顔〟津田梅子演じる「新しい紙幣見るたびに『私演じたんです』って言いたくなる」

2021年12月21日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田梅子を演じる広瀬すず

津田梅子を演じる広瀬すず

 女優の広瀬すず(23)が、来春放送されるテレビ朝日系「スペシャルドラマ  津田梅子 ~お札になった留学生~」に主演する。女子教育の先駆者として活躍した津田梅子を演じるが、梅子といえば、2024年に5000円の新たな顔として描かれる話題の人物。来年、デビュー10周年の節目を迎える広瀬は、今回の大役に「女性はもちろん男性にも共感していただける」と手応え十分だ。
 津田塾大学の前身・女子英学塾の創設者で、日本の女子教育のパイオニアだった梅子。ドラマは、梅(後に梅子と名乗る)が6歳で米国留学して帰国した17歳から、米国に再留学する25歳までをメインに構成、梅子の青春を描く。
 11年の長い留学を終えて希望を胸に帰国したが、当時の日本では思い描く仕事がなく、自力で収入を得る難しさに直面。淡い恋心に揺れ、思い悩むさまなど“誰も知らない津田梅子”が同志たちの絆とともに描かれる。
 さらに、初代内閣総理大臣・伊藤博文、初代文部大臣・森有礼、日本最初の元帥・大山巌ら歴史上の偉人たちが多数登場。明治時代を象徴する社交場、鹿鳴館も豪華絢爛(けんらん)に描かれるのも注目。広瀬が披露するレトロクラシカルな貴婦人ファッションも大きな見どころになりそう。
 新5000円札の“顔”を演じる広瀬は「新しい紙幣ができたら5000円札を見るたびに、『私、この津田梅子さんを演じたんです!』ってめちゃくちゃ言いたくなると思います」と感激し、「2024年が楽しみ! 早く、新5000円札を見てみたいです」と心待ちにしている。
 広瀬が歴史上の人物を演じるのは、今年3月放送のフジテレビ系ドラマ「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」での濃姫に続いて2度目。女子教育の先駆者・梅子役について「今の自分たちの礎を作ってくれた“最初の女性”の姿ってやっぱり心に響きますし、それを演じられることはとても光栄です」と意欲満々。その人物像には「6歳から11年間も留学していたなんて、とんでもない運命の選択をされた人ですよね。やっぱり梅子さんの、意志を貫く精神力や忍耐力はすごい。もはや『強い』という言葉だけでは物足りなさを感じるくらい、粘り強い女性」と尊敬している。
 ◆「スペシャルドラマ 津田梅子 ~お札になった留学生~」ストーリー 明治4年、6歳の津田梅は父・仙のすすめで、日本初の女子留学生として米国に渡る。優秀な男性を育てるためには母親の教育が必要だという北海道開拓使の肝いりで、女子留学生の派遣が決まったのだ。梅のほか、14歳の2人、11歳の山川捨松、9歳の永井繁がおり、梅は最も幼かった。明治15年、17歳になった梅は帰国後、ともに留学をやり遂げた捨松や繁と「誰もが学ぶことのできる英語学校を作ろう」と夢を語り合う。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ