本文へ移動

高齢者・障害者の3回目接種に財政支援 愛知県、独自に担当医療機関へ 

2021年12月21日 05時00分 (12月21日 05時00分更新)
記者会見で3回目の接種について説明する大村知事=県庁で

記者会見で3回目の接種について説明する大村知事=県庁で

  • 記者会見で3回目の接種について説明する大村知事=県庁で
 県は二十日、新型コロナウイルスワクチンの三回目接種で高齢者・障害者施設などでの接種を担う医療機関に対し、県独自で財政支援すると発表した。接種率を上げてクラスター(感染者集団)の発生を抑える狙い。入所・通所者や施設従業員らは接種券なしでも接種可能とし、来年一月にも接種が本格化する見通し。 (戸川祐馬)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報