本文へ移動

【Mー1】敗者復活ハライチに高得点の「上沼恵美子」に賛否渦巻く…「一番爪痕を残そうとしてないか」「個人的には同感」

2021年12月19日 21時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
敗者復活戦を勝ち上がったハライチの岩井勇気(左)と澤部佑(C)M-1グランプリ事務局

敗者復活戦を勝ち上がったハライチの岩井勇気(左)と澤部佑(C)M-1グランプリ事務局

 タレントの上沼恵美子(66)が19日、テレビ朝日系のお笑い番組「M―1グランプリ2021」の審査員として出演。敗者復活で決勝に出たハライチに100点中98点の高得点をつけ、SNSでは「上沼恵美子」がトレンドワードになり「個人的には同感。100%同意」「上沼恵美子が一番爪痕を残そうとしてないか」など、賛否の声が渦巻いた。
 他の審査員6人が88~92点と低めの得点をつけている中で、唯一人高得点。司会の今田耕司から理由を聞かれた上沼は「審査員のみなさんおかしいわ。悪いけど。ハライチさんはもう売れていて、スターなんですけど、漫才は初めて拝見しました。あのくらいのレベルの方がファイナルに出てこないといけないと思いました」と発言した。
 さらに「(前に出た)ランジャタイはいいけれど、私はこの歳ではついていけないから、ハライチなのよ。落ち着いているし、ファイナルだし、プロだし。安心できるし。ドラマで当たっている、スターになっているのが分かりました。そして漫才も忘れていないところがものすごく感動しました。審査員おかしいわ!」と強い口調でまくしたてた。
 ツイッター上では「今んとこ上沼恵美子が1番面白い」「上沼恵美子、もっと勉強してくれ」「上沼恵美子さんとことごとく意見が合わない」「上沼恵美子が言った事凄いわかる。ハライチみたいな既にTVバンバン出てて笑いのレベルも高いコンビを1枠でも入れたら良いと思う。そうすれば色々刺激になるM1になると思う」「上沼恵美子さんを批判してる人って、みんな漫才に精通していないただの視聴者なんだよな」など、さまざまな声があふれた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ