本文へ移動

【ヤクルト】田口「巨人と比べて…」球団に食事面の改善を要望 更改は現状維持7000万円

2021年12月17日 19時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約更改を終え、会見に臨むヤクルト・田口麗斗(代表撮影)

契約更改を終え、会見に臨むヤクルト・田口麗斗(代表撮影)

 ヤクルト・田口麗斗投手(26)は17日、東京都内の球団事務所で契約交渉し、現状維持の7000万円で更改した。
【写真】ドアラに金メダルをかじらせる「つば九郎」
 巨人から移籍1年目の今季は33試合に登板し、5勝9敗、4ホールド、防御率4・02。後半戦から左腕が手薄な中継ぎを務め、6年ぶりのリーグ優勝、20年ぶりの日本シリーズ制覇に貢献した。
 「忙しすぎて、逆によかった。いいシーズンだし、いい1年になった」。先発と中継ぎでフル回転した新天地での1年目。通算200勝を目標に掲げる左腕は「これで手応えを感じているようでは成長できない。ちゃんとつかんだなと思うものはまだまだない。先発で勝ちたいというところはやっぱりあります」と力を込めた。
 また、交渉の席では球団に食事の改善を要望した。食事が一番のプロテインという田口は「ジャイアンツと比べて明らかに違いを感じた。栄養士が1軍の現場にいないんですよ。専門的な方の力が必要だよっていうのを伝えました」と説明。体が資本のプロ野球選手の食生活を充実させるため、遠征先宿舎に栄養士を同行させることなどを訴えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ