本文へ移動

【ヤクルト】奥川が開幕投手に名乗り 2000万円増3600万円で更改

2021年12月17日 19時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約更改を終え、会見に臨むヤクルト・奥川恭伸(代表撮影)

契約更改を終え、会見に臨むヤクルト・奥川恭伸(代表撮影)

 ツバメの若き右腕が来季の開幕投手に名乗りを上げた。ヤクルト・奥川恭伸投手(20)は17日、東京都内の球団事務所で契約交渉し、2000万円アップの3600万円で更改した。来年3月25日に阪神と対戦する開幕戦(京セラドーム)の先発を「もちろん目指したい。その舞台に立てるように頑張りたい」と宣言した。
 高卒2年目の今季は18試合に先発し、プロ初勝利を含むチームトップタイの9勝をマーク。クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦では、巨人打線を相手にプロ初完投を無四球の完封勝利で飾った。20歳6カ月でCS史上最年少完封を記録した奥川は、オリックスとの日本シリーズでも初戦の先発を託され、7イニングを1失点の好投を演じた。
 期待に応える飛躍を遂げた奥川は「たくさんいい経験ができた。この経験を来年以降につなげていけるように頑張りたい」とさらなるステップアップに意欲。今季は原則10日以上の登板間隔だったが、来季は中6日で先発ローテーションを担うのも目標の一つだ。エースの称号を狙う成長株が、プロ初の規定投球回クリアも目指して精進していく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ