本文へ移動

「懐かしいね」手縫いお手玉好評 米原の冨田さんが市に寄贈

2021年12月17日 05時00分 (12月17日 15時18分更新)
冨田さんから贈られたお手玉を使う「カフェがめやま」の参加者ら=米原市入江の賀目山公民館で

冨田さんから贈られたお手玉を使う「カフェがめやま」の参加者ら=米原市入江の賀目山公民館で

  • 冨田さんから贈られたお手玉を使う「カフェがめやま」の参加者ら=米原市入江の賀目山公民館で
  • 手縫いのお手玉を贈った冨田さん=米原市三吉で
 米原市三吉の冨田朝子さん(86)が、手縫いしたお手玉200個を市に寄贈した。お手玉は高齢者サロンなどで活用されており、利用者からは「子ども時代を思い出して懐かしい」と好評だ。冨田さんは「もろてくれる人がいる限り作り続けたい」と笑う。(形田怜央菜)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧