本文へ移動

心の明かりを 学生手作りイルミ 富山国際大東黒牧キャンパスで点灯式 

2021年12月17日 05時00分 (12月17日 10時34分更新)
学生たちが手作りしたイルミネーション=富山市の富山国際大東黒牧キャンパスで

学生たちが手作りしたイルミネーション=富山市の富山国際大東黒牧キャンパスで

 富山市の富山国際大東黒牧キャンパスで十六日、学生が手作りしたイルミネーションの点灯式があった。
 大学周辺に電飾スポットが無く、近隣住民にも楽しんでもらおうと、学生でつくる現代社会学部学友会が毎年設置している。会のメンバーが代々飾りなどを増やしていき、今年は発光ダイオード(LED)電球三万個を使い、モニュメントと高さ八メートルのツリーを設置した。モニュメントの中央には造花を飾り付け、日中でも楽しんでもらえるよう工夫した。
 学友会の佐藤文香さんは「周りに何もない山の上なので、少しでも心の明かりをともせるよう設置した。地域の人にも来てもらい、大学のことを知ってもらい、いろんな人と触れ合う機会になれば」と話した。
 イルミネーションは誰でも自由に楽しめる。来年二月上旬まで、午後四時十五分〜九時に点灯。十二月二十八日〜来年一月四日は休み。 (西村理紗)

関連キーワード

おすすめ情報

富山の新着

記事一覧