本文へ移動

ハミルトンが英国で『ナイト』の称号受ける 現役F1ドライバー初 今後は「サー・ルイス・ハミルトン」に

2021年12月16日 18時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナイトの称号を受けたルイス・ハミルトン(AP)

ナイトの称号を受けたルイス・ハミルトン(AP)

 F1前チャンピオンでメルセデスに所属するルイス・ハミルトン(36)が15日、母国の英国で「ナイト」の勲位を受けた。英ウィンザー城でチャールズ皇太子から叙任された。
 元F1ドライバーとしてはオーストラリア人のジャック・ブラバムさん、英国人のスターリング・モスさん、ジャッキー・スチュワートさんがナイトの勲位を受けたが、現役のF1ドライバーでは初めて。
 これまでミハエル・シューマッハー(ドイツ)と同じ7度のチャンピオンに輝いているが、今季は最終戦アブダビGPで、同点で並んでいたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)に最終周にかわされ、8度目のタイトルを逃した。
 現地メディアなどによると、式典には母親のカーメン・ロックハートさんと一緒に出席し、記念撮影なども行ったが、報道陣の取材には対応しなかった。
 ナイトの勲位を得て、今後は「サー」の称号で呼ばれることになる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ