本文へ移動

【巨人】松原聖弥、ついに1桁…背番号「9」に 1800万円増の4000万円でサイン “先輩”亀井コーチからメッセージ

2021年12月16日 12時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見後、「努力」の文字アイテムを積み上げる松原=東京・大手町の球団事務所で(球団提供)

会見後、「努力」の文字アイテムを積み上げる松原=東京・大手町の球団事務所で(球団提供)

 巨人・松原聖弥外野手(26)が16日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉を行い、1800万円増の4000万円でサイン。5年目の今季は135試合に出場し、打率2割7分4厘、12本塁打、37打点。球団の育成出身選手初となる規定打席到達と2桁本塁打を達成した。(金額は推定)
 背番号は来季から「9」になることも決まった。育成で入団した時の「009」から「59」、「31」と来て、ついに1桁となる。「もちろんうれしいですし、自覚しないといけないなという気持ちもありますし、大丈夫かなという気持ちもあります」。喜びと、重さを感じている。
 今季まで9番を背負った亀井外野守備走塁コーチに背番号変更を連絡した。「9番というのは1桁なんだから、レギュラーとして自覚を持って頑張ってくれよ、と言われました」という。亀井コーチの引退セレモニーの際には「頭を使っていけよ」というメッセージを投げかけられた。そのことを振られると「使っているんですけど、足りないので、場面場面で考えて、最低限の打撃ができれば」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ