本文へ移動

<奥三河点描> 朝露まとうチョウ

2021年12月16日 05時00分 (12月16日 11時17分更新)
朝露をまとうチョウ=東栄町本郷で(2019年10月、佐々木さん撮影)

朝露をまとうチョウ=東栄町本郷で(2019年10月、佐々木さん撮影)

  • 朝露をまとうチョウ=東栄町本郷で(2019年10月、佐々木さん撮影)
  • 佐々木さんが撮影に励んでいる東栄町中心部の盆地
 茶臼山高原から遠望する白銀の南アルプス、大気中の水蒸気が樹木の枝に氷結する霧氷−。雄大な自然に恵まれた北設楽郡の秋から冬にかけての朝は、カメラマンにとって魅力的な風景にあふれている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧