本文へ移動

カワウのおこぼれ狙うサギ 名古屋市千種区の香流川

2021年12月15日 05時00分 (12月15日 17時31分更新)
エサを求めて香流川の浅瀬に群がるダイサギ、コサギ、カワウなど。上方は、香流橋=名古屋市千種区で

エサを求めて香流川の浅瀬に群がるダイサギ、コサギ、カワウなど。上方は、香流橋=名古屋市千種区で

  • エサを求めて香流川の浅瀬に群がるダイサギ、コサギ、カワウなど。上方は、香流橋=名古屋市千種区で
  • エサを求め着水するカワウ=15日午前、名古屋市千種区で
  • カワウの追った側で小魚を待つダイサギとコサギ=15日午前、名古屋市千種区で
  • 小魚を食べるダイサギ
  • 浅瀬に集まるカワウとサギ
  • エサ場を探して飛び立つサギとカワウ
 名古屋市千種区京命の香流川に14日朝、100羽以上のカワウとサギの群れが飛来した。通り掛かった住民たちは「こんな大群は見たことがない」などと驚いていた。
 場所は香流川と矢田川が合流する付近で、カワウとサギが浅瀬を歩いたり、獲物を追い掛けたり。カワウが場所を移すと、サギも後を追うように移動。数日前にも同様の光景が見られたといい、近所の男性は「カワウが数匹いるのは見たことあるが、群れは見たことない」と話した。
 「矢田・庄内川をきれいにする会」の宮田明美さん(74)によると、漁が得意なカワウが潜って魚を追い込み、サギはその“おこぼれ”を狙って一緒に行動しているという。宮田さんは「場所を移動しながら魚を狙っており、(下流の)庄内川などでもよく見かける」と語った。(土屋晴康)

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧