本文へ移動

聖徳太子ゆかりの巨岩、しめ縄を奉納 近江八幡・観音正寺

2021年12月14日 05時00分 (12月14日 14時50分更新)
観音正寺の奥の院の「天楽岩」にしめ縄を付ける岡村住職(左)ら=近江八幡市安土町石寺の繖山で

観音正寺の奥の院の「天楽岩」にしめ縄を付ける岡村住職(左)ら=近江八幡市安土町石寺の繖山で

 聖徳太子の創建と伝わる西国第三十二番札所の観音正寺(近江八幡市安土町石寺)で、正月事始めの十三日、奥の院の天楽岩(てんらくいわ)にしめ縄を奉納した。初の試みで、太子の没後千四百年に当たる年を迎える準備を進めた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧