本文へ移動

関ケ原町の新たな観光大使選出 「関ケ原組」と歴史タレント小栗さん

2021年12月14日 05時00分 (12月14日 16時02分更新)
委嘱状を受け取った小栗さん=関ケ原町関ケ原の関ケ原ふれあいセンターで

委嘱状を受け取った小栗さん=関ケ原町関ケ原の関ケ原ふれあいセンターで

  • 委嘱状を受け取った小栗さん=関ケ原町関ケ原の関ケ原ふれあいセンターで
  • 演武を披露する古戦場おもてなし武将隊関ケ原組=関ケ原町関ケ原の関ケ原ふれあいセンターで
 関ケ原町は、新たな「関ケ原観光大使」に、古戦場おもてなし武将隊関ケ原組と、歴史タレントとして活動する小栗さくらさんを選んだ。十二日に西脇康世町長が委嘱状を手渡した。観光大使の委嘱は俳優の山本耕史さん以来で計四人と一組になった。
 関ケ原組は地元で活動を続け、小栗さんは自身の会員制交流サイト(SNS)で関ケ原を広く発信していることから選ばれた。町はこの日に「関ケ原交流広場・関ケ原ファイナル2021」と題した催しを関ケ原町関ケ原の関ケ原ふれあいセンターで開き、関ケ原組や小栗さんら五組が舞台で演武や歌などを披露した。委嘱式は演目の間に舞台上であった。
 町が二年ぶりに集客した催しで、来場者に名前と電話番号を申告してもらった。町商工観光係の小林孝正係長(42)は「親子連れが多く、関ケ原ファンと町民との交流が再開できた」と話した。
 (藤野治英)

関連キーワード

おすすめ情報