本文へ移動

阪神が8選手の新入団を発表 ドラフト1位&2位がそろって「世界一の投手」が目標に矢野監督「オレはビッグでいいと思う」

2021年12月14日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・矢野監督

阪神・矢野監督

 スケールが大きくて、虎の枠を軽々と越えそうだ。阪神は13日、大阪市内のホテルで育成1人を含む8選手の新入団発表を行い、ドラフト1位&2位がそろって「世界一の投手」という目標を堂々と言った。
 「1年目は1軍に上がって勝ち星を挙げたい」と意気込むドラフト1位・森木(高知高)の目標はここから一気にビッグへ。「将来を見据えて言えば、世界を代表するような大きい選手に、世界一の投手になりたい」。野心は国境も越える。
 「どこの世界の人に聞いても僕の名前がとどろくような大きい投手になりたい」。具体的には、「やっぱり大谷翔平選手が一番世界に知れ渡ってる。超えていくというか何とか追いついて、そこからレベルアップしていきたい」と今を時めく男を超える知名度を狙う。
 同2位の鈴木(創価大)が続く。「日本にとどまらず、海外、メジャーに行って、世界を代表するような世界一の左投手になります」。前提は「阪神で結果を残していって」だが、「日本でずばぬけた選手になって、最終的にメジャーに行きます」と言い切った。
 同席した矢野燿大監督(53)は「オレ、ビッグ(マウス)でいいと思う。言うとき勇気もいるしさ。自分で、そうなんやな、とアンテナ立つと思うし」と肯定的に受け止めた。世界を目指すのは大いに結構。夢の実現に向け、まずは阪神でたっぷり働いてくれるはずだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ