本文へ移動

「1本も入らずに練習を終えたことはない」というイチローさん フリー打撃8スイング目で「帰れるね」

2021年12月12日 17時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高松商業高校の指導に訪れ、打撃を披露し本塁打を放ち笑顔を見せるイチローさん(中央)=12日午後、高松市(共同通信代表撮影)

高松商業高校の指導に訪れ、打撃を披露し本塁打を放ち笑顔を見せるイチローさん(中央)=12日午後、高松市(共同通信代表撮影)

 元大リーグ・マリナーズのイチローさん(48)=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が12日、高松市のレクザムスタジアムで香川・高松商の野球部員を指導した。今年3校目の訪問先となった同校は、今夏の甲子園大会に出場。イチローさんが昨冬に指導した智弁和歌山高に敗れ、長尾健司監督が「ウチにも来てほしい」と話していた。
     ◇
 午後1時前、イチローさんはフリー打撃を始める前にこう宣言していた。「ライトスタンドに1本も入らなかったら夕方まで打っています。僕のルールで1本も入らずに練習を終えたことはないので。入らなかったら、明日もです」。逆風の中、8スイング目で右翼の柵越えをし、「帰れるね」。25スイングした後に「いいところで終わりたい。入ったら終わり」と宣言。そこから28スイング、トータル53スイング目でこの日4本目となる柵越え打を放ち「うえーい」と両手を挙げた。
 拍手をくれた選手たちには「ただ打っているだけではないので。形をつくって打ってください」とポイントを教えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ