本文へ移動

<ウオッチひだ> 廃校校舎活用の模索続く 下呂

2021年12月12日 05時00分 (12月12日 09時32分更新)
3月で廃校になった菅田小=下呂市で

3月で廃校になった菅田小=下呂市で

 少子化に伴い、全国的に小中学校の統廃合が進んでいる。学校がなくなれば子どもの声が聞こえなくなるのに加え、行事なども開かれなくなって、住民が集う機会が減る。地域に与える影響が大きいにもかかわらず、廃校後に校舎が活用されている例は、全体の三分の二程度にとどまる。どんな解決策が考えられるのか、模索が続く下呂市の現状を追った。

■148年の歴史に幕

 「朝、皆スクールバスに乗って行ってしまう。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧