本文へ移動

参加型ファンの心つかむ 飛騨の考古民俗館などで収蔵資料を3Dデータ化

2021年12月12日 05時00分 (12月12日 09時35分更新)
土器を回転させながら撮影し、3Dデータにしていく参加者ら=飛騨市宮川町で

土器を回転させながら撮影し、3Dデータにしていく参加者ら=飛騨市宮川町で

  • 土器を回転させながら撮影し、3Dデータにしていく参加者ら=飛騨市宮川町で
 過疎地にある小規模なミュージアムを維持していくために、地域外の一般市民らに収蔵資料の3Dデータ化の作業などに関わってもらい、愛着を持つ「ファン」を増やそうという取り組みが、飛騨市宮川町の飛騨みやがわ考古民俗館などで行われている。来館者に展示物を見せるだけではなく、資料整理などに参加してもらうという、従来とは異なる手法がファンの心をつかみ、地域と交流する「関係人口」を徐々に増やしている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報