本文へ移動

美緒、自立します!父・仲村トオル、母・鷲尾いさ子「目立たないよう」生きてきた23歳が選んだ道は…

2021年12月12日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
芸能人の両親から恵まれた体を受け継いだ美緒

芸能人の両親から恵まれた体を受け継いだ美緒

◇モデル・タレントとして新たなスタート
 父は仲村トオル(56)、母は鷲尾いさ子(54)という、絵に描いたような二世芸能人の美緒(23)。両親の事務所を出て、モデル・タレントとして新たなスタートを切ろうとしている。「目立ちたくない」と生きてきた少女が就職の年齢となって選んだのは、最も身近でありながら、これまで避けてきた華やかな世界。その変心の軌跡と理由を聞いた。
  ◇  ◇  ◇
 二世議員のように、二世芸能人も多い。そんなにおいしい仕事なのか、「親ガチャ」かという声もあるが、ともにキャラを確立できなければ淘汰(とうた)される。ミスを重ねて学んでいく時間は不要で、親の人間関係を継承し、スタートの成功が保障されるだけ。むしろサラリーマンよりも評価は早く下され、有名税の分、それは残酷だ。
 それでも美緒は二世として芸能界に就職することを決めた。幼稚園の時に起きた、2つの出来事が原因かもしれない。
 「家族で父の出演するドラマ『海猿』を見ていたんです。すると父が銃で撃たれて失血死。お葬式まで始まった。本当に父が死んだと思って大泣きです。母が『大丈夫だよ、本当じゃないから』って言っても頭に入らない」。美緒は、父のいる芸能界の怖さを知った。「そうか、テレビの中からは必ずしも生きて帰って来られるわけではないんだ」と。
 どうやらわが家は他とは違う。“特別”を確認しようと、美緒は幼稚園のサルスベリの木の前に園児を集めた。自分だけ登れるのが自慢だった。「見ててって登り始めたのに、手が滑って落ちちゃった。右手を着いて脱臼骨折。尋常じゃないくらい腫れてくる怖さと、みんなの心配する顔がスローモーションのように見えて…ただもう恥ずかしくて」。特別は怖い。幼い美緒は、「ともかく目立たないように生きていくことに決めた」。
     ◇
 東京の南、閑静な住宅街に育った。幼稚園で目立たずいこうと決めたものの、父185センチ、母176センチという遺伝は容赦ない。バレーボールを始めた小学校4年にはクラスで真ん中あたりだった身長は、小6で167センチとクラス一番に。中高一貫校に進学した美緒が選んだ部活は剣道。「ジャンプしたら背が伸びちゃうとバレーは諦め、頭をたたかれるから小さくなるんじゃないかと」
 (稽古)きつい、(防具)重い、痛い、臭いと後悔したが、父の『一度やると決めたんだから続けてみれば』の言葉に従うと、高2で三段に合格する腕前になった。
 だから20歳でCMの話が来た時も「父が『やって後悔する方が、やらなくて後悔するよりいい』って言ってくれて。あこがれの両親に少しでも近づければ」と出演。目立たぬ人生の唯一の思い出にするつもりだった。ところが「とっても楽しかったんです」―。
 怖いどころではない。美緒を輝かせようと、スタッフがプロのプライドで動いていることが頼もしかった。そして気づいたのだ。これまで父が絶妙のタイミングで道を厳選、最適の独り立ちの時を待っていてくれたことを。「卒業前に父に『自分の力で立ちたい』って言ったら『やってごらん』って」
 二世の肝心な有利さを忘れていた。親だからこそわかる子の素質の見極め、成長に応じて進路を示せることだ。
 美緒はもう、みんなの前で、木から落ちることはない。
  ◇  ◇  ◇
◇デビュー時、父の助言を聞き「生半可な気持ちではいけない」
 美緒が芸能界デビューとなるエビオス胃腸薬のCM(2019年3月)に出演した際、父トオルは『ここにいる方々を背負っているっていうぐらいの気持ちを持たないとダメだよ。生活を背負っているんだよ』と言ったという。これに美緒は「生半可な気持ちではいけない」と気持ちが引き締まった。
 改めて芸能界に生きる決意をかためた美緒。身長175センチ、長い手足を生かしたモデルをメインに、バラエティー番組への出演も意欲的。「自分のキャラクターを掘り出してほしい。それが役者だったらその道へ、もちろん歌手だって…」と目を輝かせる。
  ◇  ◇  ◇
 ▼美緒(みお) 1998年11月19日生まれ、東京都出身。2019年に父が長年CM出演する製薬会社の「エビオス整腸薬」のCMに出演。同年、週刊文春でグラビアデビュー。今春、両親の事務所からスターダストプロモーションに移籍。
 ◆「海猿 UMIZARU EVOLUTION」 伊藤英明演じる仙崎大輔を主人公に、海上保安官のエリートである「海猿」と呼ばれる潜水士の活躍を描いた一連の作品のひとつ。訓練課程を卒業して1年後に起こる事件を描き、フジテレビ系で2005年7~9月に放映された。仲村トオルは主人公の尊敬する教官・池澤真樹を演じ、第9話では乗っ取り犯に撃たれ殉職した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ