本文へ移動

【中日】山本が石橋を相手にブルペンで50球「平地と傾斜の感覚の違いを確認しながら」

2021年12月10日 20時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルペンで投球練習する山本

ブルペンで投球練習する山本

◇10日 中日自主練習(中日屋内練習場)
 中日・山本拓実投手(21)はブルペンで石橋を相手に約50球を投げ込んだ。秋季キャンプでは体が前に突っ込むフォームの悪癖を修正し手応えを得た。この日は「傾斜で投げてみないと分からないこともあるので、平地でのキャッチボールとマウンドの傾斜での感覚の違いを確認をしながら投げました」と意図を説明。オフの期間も感覚を忘れないため、ブルペン入りする考えも明かした。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ