本文へ移動

出雲駅伝Vの東京国際大 目標は「往路3位以内」いい流れに乗ってダークホースに【箱根駅伝】

2021年12月10日 19時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京国際大の大志田秀次監督

東京国際大の大志田秀次監督

 来年1月2、3日に行われる第98回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝、10区間217・1キロ)に出場する21チームのエントリー選手(各16人以内)が10日、発表された。有力チームの各監督は恒例のトークバトルで前哨戦を繰り広げた。
     ◇
 ダークホースは10月の出雲駅伝で初出場初優勝した東京国際大だ。前回大会はエース区間の2区で区間新をマークしたケニア人留学生のヴィンセントを旗頭に、日本人ランナーも力を付けている。大志田秀次監督(59)は往路3位以内を目標に掲げ「駅伝は流れをつくるのがセオリー。往路で順位を確保し、いい流れに乗って上位に食らい付きたい」と語った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ