本文へ移動

大野の鉄ちゃん児童「越美北線守ろう」 鉄道模型展企画し市に収益寄付

2021年12月10日 05時01分 (12月10日 16時01分更新)
自分たちが開いたイベントで集めたお金を石山市長(右)に渡す山野君(左)と山岸君(中)=大野市役所で

自分たちが開いたイベントで集めたお金を石山市長(右)に渡す山野君(左)と山岸君(中)=大野市役所で

  • 自分たちが開いたイベントで集めたお金を石山市長(右)に渡す山野君(左)と山岸君(中)=大野市役所で
  • 山野君と山岸君が開いた「プラレール・Nゲージ博」=大野市の荒島旅舎で
 「僕たちが大人になっても大好きなJR越美北線が残っていてほしい」。大野市の鉄道好きの小学生二人が八日、二人で企画した鉄道模型のイベントの入場料など一万二千二百五十円を市に寄付し、越美北線存続への思いを託した。(山内道朗)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧