本文へ移動

江戸時代以前とみられる礎石も 松坂城跡、二の丸跡の発掘調査

2021年12月10日 05時00分 (12月10日 13時13分更新)
出土した礎石。奥が江戸時代以前で、手前が明治時代以降の石=松阪市の松坂城跡で(市提供)

出土した礎石。奥が江戸時代以前で、手前が明治時代以降の石=松阪市の松坂城跡で(市提供)

  • 出土した礎石。奥が江戸時代以前で、手前が明治時代以降の石=松阪市の松坂城跡で(市提供)
  • 江戸時代以前とみられる礎石が出土した場所。奥ではトイレの建て替え工事が行われている=松阪市の松坂城跡で
 松阪市は本年度、国史跡「松坂城跡」の二の丸跡で初めて発掘調査を実施した。老朽化していたトイレの建て替え工事前に実施する配管付近などの抽出的な調査で、江戸時代以前や明治時代以降とみられる礎石計六個が出土した。複数の建物が異なる時代や場所に存在していたこともうかがえる。(清水悠莉子)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧