本文へ移動

福だるま名入れに大忙し 駒ケ根・光前寺で新年準備

2021年12月10日 05時00分 (12月10日 15時16分更新)
新年の願いを込めて福だるまに名入れする吉沢住職=駒ケ根市赤穂の光前寺で

新年の願いを込めて福だるまに名入れする吉沢住職=駒ケ根市赤穂の光前寺で

 年の瀬が近づき、駒ケ根市赤穂の光前寺では、正月の縁起物「福だるま」の名入れ作業が本格化している。だるまは赤を中心に金、黒、黄色があり、大きさも九〜六十センチとさまざま。吉沢道人住職(73)が水性ペンキを手に、個人や事業所の名前を書き入れている。二十日までに終える予定。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧