本文へ移動

【広島】森下2年目のジンクスはね返し7500万円で更改、エースの自覚「優勝争いして日本一を目指してやりたい」

2021年12月10日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約更改交渉を終え、撮影に応じる広島・森下(代表撮影)

契約更改交渉を終え、撮影に応じる広島・森下(代表撮影)

 広島の森下暢仁投手(24)が9日、広島市内の球団事務所で契約更改、3200万円増の7500万円でサインした。今季年俸4300万円も、今年までの2年目の日本選手では最高額だった。さらに大幅増で3年目を迎える。
 新人王に選ばれた昨季は18試合で10勝3敗、122イニング2/3を投げて防御率1・91だった。今季は24試合で8勝7敗、163イニング1/3を投げて防御率2・98。勝ち星、防御率とも昨季より落ちたものの大幅昇給となった。
 森下は「試合をつくることが一年間を通してできたので、そういうところを一番評価してもらいました」と納得のサイン。交渉を担当した阿部球団部長は「勝ち自体は打撃との兼ね合いがある。そこは考慮してクオリティースタートが24試合中19試合取っているので、そこを評価してます」と、少ない失点で長いイニングを投げ続けたことを評価した。金メダルを獲得した東京五輪は査定には含まれないという。
 2年目のジンクスもはね返し、森下は「ケガせずに一年間通して野球ができたのは本当に良かった。トレーナーの方とかが支えてくれてできた」と感謝。柱としては各チームのエース格と投げ合い、貯金は1つ、チームは4位に終わった。
 「自分が入って来て優勝争いができていないので、優勝争いして日本一を目指してやりたい。個人としても今年は貯金をつくることができなかったので、しっかり貯金をつくってチームに貢献していけるようにやっていきたい」
 リーグを代表するスターターとして、さらに自覚は増した。(生駒泰大)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ