本文へ移動

日本郵便東海支社と湖西市 包括連携協定結ぶ

2021年12月10日 05時00分 (12月10日 05時02分更新)
協定書に署名した中井克紀支社長(右)=湖西市役所で

協定書に署名した中井克紀支社長(右)=湖西市役所で

 日本郵便東海支社(名古屋市)と湖西市は八日、地域課題の解決や住民サービスの向上を図る包括連携協定を結んだ。これまで進めてきた配達時の見守り活動などに加え、来年迎える市制五十周年事業でも協力を深める。
 両者は個別事業での連携協定を二〇一七年に結んでおり、災害発生時の郵便料金減免や配達時の道路異常通報、高齢者や児童の見守りで協力してきた。包括協定にすることで、連携できる分野の拡大を図る。具体的には、市制五十周年記念切手の発行や、市内六局に市のデマンド乗り合いタクシーの停留所を置くことを検討している。
 包括連携は県内三十五市町のうち二十一市町目。影山剛士市長と協定書に署名した中井克紀支社長は「郵便局のネットワークを活用し、安全安心に加えて市の魅力発信の点でも貢献できればうれしい」と話した。 (鈴木太郎)

関連キーワード

おすすめ情報