本文へ移動

高橋真麻「もしもプレゼントがもらえるなら…」 それを聞いた高橋英樹、父としてしみじみ一言

2021年12月9日 16時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
イベントに参加した(左から)高橋英樹、高橋真麻、公認サンタのパラダイス山元さん

イベントに参加した(左から)高橋英樹、高橋真麻、公認サンタのパラダイス山元さん

 俳優の高橋英樹(77)とフリーアナウンサーの高橋真麻(40)が9日、東京都内で行われた「トイザらス サンタさんへの手紙出発記念イベント」に親子そろって出席した。
 子どもたちが書いた7万6880通の手紙を、全日空の貨物輸送事業ANA Cargoがグリーンランドのサンタクロース協会所属のサンタの元へ届けるという。
 クリスマスカラーのグリーンのワンピースで登場した真麻は「子どものころはサンタさんのために1年いい子にしてました。12月になるとラストスパートで、よりいい子になる」とニッコリ。昨年4月に第1子を出産しており、「娘には遊びながら学べる知育玩具が欲しい。大人の私にも、もしもプレゼントがもらえるなら、盆栽が欲しいです」とリクエストした。
 サンタの胴体が描かれたセーターで登場した父・英樹はそれを聞いて「娘もついに私の域に来たな、と思っちゃう。今までは自分が一番だったけど、今は子どもが第一、次が自分と、だいぶ変わりましたね」としみじみ。ちなみに英樹が欲しいプレゼントは「一番は健康ですね。みんなが健康でいてくれることが一番のプレゼントです」と笑顔で語っていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ