本文へ移動

J3降格のSC相模原、元日本代表・稲本潤一と来季契約せず「心残りは残留できなかったこと…責任を感じている」

2021年12月9日 11時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
稲本潤一(右)=写真は川崎時代

稲本潤一(右)=写真は川崎時代

 来季J3降格が決まっているSC相模原は9日、公式HPで元日本代表のMF稲本潤一(42)と来季の契約を結ばないと発表した。
 稲本はG大阪やアーセナル、川崎フロンターレでプレーし、相模原には2019年に加入。今季は9試合に出場した。
 稲本は「今シーズンをもってSC相模原での挑戦が終了しました。非常に濃い3年間を過ごさせてもらい感謝しかありません!」とコメント。「唯一の心残りは残留することができなかったことです。最年長としては責任を感じています」とJ3降格を悔やんだ。また「来シーズンからはサガミスタとして応援させてもらいます!本当に3年間ありがとうございました!」とサポーターに感謝した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ