本文へ移動

「クリスマスまで、あと大谷翔平 イエーイ!!」そのココロは… 米メディア、シーズン終了で大谷ロス

2021年12月9日 11時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷(AP)

エンゼルス・大谷(AP)

 エンゼルスの地元放送局BSウエストのマーク・グビザ解説者は8日、ツイッターで「クリスマスまで、あと大谷翔平 イエーイ!!」と、走者・大谷が塁上で万歳しているGIF動画を添付して記した。
 そのユニホーム姿の大谷は、背番号「17」。確かに、あと17日でクリスマスだ。添えられたハッシュタグ(キーワード参照用のラベル#)は、ローマ字で日本語の「MeriiKurisumasu(メリークリスマス)」だった。
 さらに、米大手データサイトのベースボール・レファレンスも同日、SNSで「2017年のこの日、大谷翔平はエンゼルスとの契約に合意した。まだ25歳未満だったため、国際FA選手のルールが適用され、年俸は232万ドル(2億6500万円)という“微々たるもの”だった」と発信。添付写真は大谷と、ともに現在は退団したエプラー元GM(現メッツGM)とソーシア元監督のスリーショットだった。
 大リーグと選手会は、1日に失効した労使協定に合意できず、オーナー陣が球団施設を封鎖するロックアウトに突入。広島からポスティングシステム(入札制度)で大リーグ移籍を目指す鈴木誠也外野手(27)も含め、全てのFA選手はメジャー球団との契約交渉が凍結状態になっている。オフの米報道も“ネタ枯れ”で、二刀流・大谷のおかげで沸きに沸いたシーズン中とは対照的な状況だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ