本文へ移動

児童ら、命の大切さ考える 大垣・安井小に獣医師が出前授業

2021年12月9日 05時00分 (12月9日 11時20分更新)
植物と動物の違いを児童に教える杉田院長(右)=大垣市安井小で

植物と動物の違いを児童に教える杉田院長(右)=大垣市安井小で

 獣医師の話を通じて動物や人の命の大切さを考える「いのちの授業」が八日、大垣市安井小学校であった。二年生三十五人が命の尊さについて理解を深めた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧