本文へ移動

障害ある子癒やす「ホースセラピー」15年目迎える 岐阜農林高馬術部

2021年12月9日 05時00分 (12月9日 11時17分更新)
乗馬を楽しむ参加者をサポートしながらセラピーを実践する生徒ら=北方町の岐阜農林高で

乗馬を楽しむ参加者をサポートしながらセラピーを実践する生徒ら=北方町の岐阜農林高で

 馬の世話や乗馬を通じて心身を癒やす「ホースセラピー」。岐阜農林高(北方町)の馬術部の部員らが障害のある児童生徒を毎週招いて、セラピーに取り組む「わくわく乗馬」が、今年で十五年目を迎えた。これまでセラピーを通じて関心を高め、福祉分野の大学に進んだ生徒も。昨年度からは、専門家を招いて知識を深めており、さらに力を入れている。 (藤矢大輝)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧