本文へ移動

知的障がいのある生徒にも甲子園への道を 同朋高の松尾良亮監督 野球を通した人間形成に汗

2021年12月9日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「甲子園夢プロジェクト」に携わる同朋高の松尾良亮監督(左)

「甲子園夢プロジェクト」に携わる同朋高の松尾良亮監督(左)

 知的障がいのある生徒にも甲子園への道を―。特別支援学校の生徒と同朋高(名古屋市中村区)の硬式野球部員との合同練習会が、4日に名古屋市内の同校グラウンドで行われた。中京大中京高時代に甲子園の土を踏んだ同校の松尾良亮監督(30)は、恩師の教えを胸に誰もが高校野球に打ち込める一助をしている。
 庄内川沿いにある同朋高の河川敷グラウンド。全国から集まった軽度の知的障がいのある4人の生徒と部員が一緒に白球を追い掛けた。松尾監督は自らノッカーも務めながらノックやトス打撃などの練習を見守った。部員が練習方法を優しく教える様子に「普段はなかなか見られない姿。新しい可能性を感じました」と笑顔をみせた。
 きっかけは一つのネット記事。知的障がいのある子どもにも甲子園への道を開こうと3月に発足した「甲子園夢プロジェクト」の存在を知った。「甲子園の舞台に立ちたいという思いに障がいの有無は関係ない」との理念に心を打たれ、すぐにプロジェクト代表者に連絡を取った。
 松尾監督は中京大中京高3年の時に同級生の井藤真吾(前中日)や2年生の堂林翔太(現広島)らとともにセンバツに出場。試合出場はなかったがベンチ入りしてあこがれの舞台に立った。「甲子園もそうですが、高校野球の魅力をより多くの人に感じてほしい」との思いでプロジェクトへの協力に名乗り出た。
 恩師と仰ぐのは中京大中京高時代の監督で、現在は享栄高で指揮を執る大藤敏行監督(59)だ。愛教大卒業後に同朋高の硬式野球部監督になると、2017年にはヘッドコーチを務めた大藤監督の下でU―18(18歳以下)W杯にアシスタントコーチとして同行した。大藤監督の「野球のうまい、下手は大したことじゃない」との言葉を胸に野球を通した人間形成を重視する。
 愛知県高野連や柏原良教チームディレクターらの支えもありながら合同練習会が実現した。「子どもたちもいつかは親や上司になって人の上に立つ立場になる。技術的な成長だけじゃなく、野球というスポーツを奥深くで理解してほしいですね」と松尾監督。恩師との公式戦での対戦を心待ちにしながら、今は生徒とともに汗を流す。
 ▼松尾良亮(まつお・りょうすけ) 1991年2月27日生まれ、名古屋市昭和区出身の30歳。現役時代は右投げ右打ちの内野手。小学3年の時に川原サンボーイズで野球を始めた。中京大中京高では3年春の甲子園で背番号14でベンチ入り。愛教大では主将を務めた。同大卒業後の2013年に同朋高に赴任し、翌14年から硬式野球部監督に就任した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ