本文へ移動

5学年下ながら「栗林さんには好き放題やられましたから」トヨタ自動車OB会で中日・木下拓カイゼン誓う

2021年12月9日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
負けたくないトヨタ自動車ОBを問われ、栗林の名前をボードに書く木下拓

負けたくないトヨタ自動車ОBを問われ、栗林の名前をボードに書く木下拓

 中日の木下拓哉捕手(29)が8日、来季の広島・栗林良吏投手(25)攻略を誓った。名古屋市内で行われた来年1月に放送予定のCBCのドラゴンズ応援番組「サンデードラゴンズ」の企画「トヨタ自動車OB会」の収録で、サプライズ対面。思い切りの良さと捕手としての配球の読みで、今季1点も奪えなかった天敵との相性の「カイゼン」を目指す。
 木下拓がプロへの道を切り開いたトヨタ自動車から、世界に広まった生産方式「カイゼン」。そんな理念のターゲットに、同社の後輩で東京五輪の金メダル獲得に貢献し、世界の舞台で輝いた今季37セーブの広島の守護神は、これ以上ない存在だ。
 「チームで一番良いピッチャーのクローザーを、バンバン打っていかないとけない。特に栗林さんには、好き放題やられましたから」
 5学年下のルーキーの成績を踏まえ、あえて「さん」付け。文字通りゼロからのスタートだ。今季、直接対決で圧巻の数字を並べ立てられ、抑え込まれた。13試合で無得点。8セーブを許した。13イニング1/3で2安打と2四球。9勝14敗2分けと、対戦成績で負け越す要因となった。
 今季12球団トップのチーム防御率3・22を誇った投手陣をリードし、栗林をマウンドに上げないのが理想。ただ、対峙(たいじ)したら腹を決めないといけない。
 木下拓VS栗林は今季、4打数無安打で2三振。決め球のフォークボールは難攻不落。正直に認めた。打者有利のカウントで投じるカーブやカットボールに、目を向ける。
 「頭にないボールが3球きたら、しょうがないくらいの思い切りが必要なのかなと思います」。正捕手として配球を読む先頭に立ち、新たに導入した中村紀打撃コーチモデルの長尺バットをフルスイング。一発をお見舞いしたい。
 標的にされた栗林も、一歩も引かない。トヨタ自動車OB会の司会を務めた中日OBの吉見一起さんに、来季の役割を尋ねられて「抑えです」と即答。「家族の応援もあって、マツダスタジアムの次にバンテリンドームナゴヤは好きです」と愛知出身らしく、地元愛をのぞかせつつも「自分の立場上、点はあげられない。抑えます」と言い切った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ