本文へ移動

元竜戦士の前西武・小川 打者3人に被安打1、1三振 手術の影響で今季は5登板【合同トライアウト】

2021年12月8日 19時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小川龍也

小川龍也

◇8日 プロ野球 12球団合同トライアウト(メットライフドーム)
 中日でもプレーした前西武の小川龍也投手(30)はシート打撃で打者3人に被安打1、1奪三振だった。
 前広島・高橋を左飛、前オリックス・佐藤を低めの変化球で3球三振。前巨人・山下に左前打を浴びた。金銭トレード翌年の2019年には55試合登板したが、昨年11月の左肘手術の影響もあって今季は5登板にとどまった。
 30歳となったシーズンとトライアウトを終えて「いろんなことを視野に入れながらやっていく」。1週間内にオファーがなければ、次の道へ進む意向だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ