本文へ移動

”ミレニアム世代”21歳小倉彩愛「あまり成績は気にせず楽しみたい」【女子ゴルフ・加賀電子カップ】

2021年12月8日 17時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉彩愛

小倉彩愛

 6月に行われた女子プロテスト合格者22人が出場するJLPGA新人戦加賀電子カップ(賞金総額1000万円、優勝180万円)が9日、千葉県長南町のグレートアイランドC(6625ヤード・パー72)で開幕する。
 2日間の短期決戦。優勝争いの鍵を握りそうなのは、前週のファイナルQT(最終予選会)で上位に入り、来季レギュラーツアー前半戦の出場権を得た小倉彩愛(21)、桑木志帆(18)=岡山御津CC、佐久間朱莉(18)の3人だ。
 QTランク12位となった小倉はミレニアム世代の1人。「あまり成績は気にせず楽しみたい。でも2日間競技なのでスコアを出していかないとと思っています」と話し、今オフは体重5キロアップも計画中だ。
 同13位の桑木、14位の佐久間は今オフ、ユニバーサルスタジオジャパンに行くことが楽しみと口をそろえる。桑木は「優勝を目指します。パッティングが良くなってきたので楽しみ」と、ファイナルQT3日目に出した65の再現を目指し、プロテスト主席合格の佐久間は「新人戦でしっかり優勝して(師匠の)ジャンボ尾崎さんにいい報告を」と意気込んでいる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ