本文へ移動

愛子さまティアラ『配慮と思慮深さの証し』イタリア誌が称賛 「日本のロイヤルウオッチャーたちは…」

2021年12月8日 15時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛子さま

愛子さま

 1日に20歳の誕生日を迎えた天皇皇后両陛下の長女・愛子さまの成年祝賀行事が5日、皇居で行われた。海外メディアの報道は7日になっても収まらず、バニティ・フェア誌(イタリア語版)は、愛子さまが新型コロナウイルス禍への考慮でティアラを新調されず、叔母の黒田清子さん(2005年の結婚で皇籍を離脱)から借り受けたことを称賛した。
 「プリンセスは伝統にのっとり、つつましやかに成年行事をお祝いされた。だが、これまでの慣習と異なっていたのは、行事のためお選びになった宝石だ。このティアラは配慮と思慮深さの証しだ」
 さらに「日本のロイヤルウオッチャーたちは、今回のティアラを、新型コロナウイルスと闘い、苦難の時を過ごしている人々への思いやりのしるしだと受け取っている。愛子さまの母、皇后雅子さまのケースも同様で、夫の即位の礼(2019年)は歴代の皇后に受け継がれてきたティアラだった」と報じた。
 スペイン紙ラ・ラソン(電子版)も同日、愛子さまがティアラを借り受けた経緯を説明した上で、「皇室は新しいティアラを注文しなかった。その理由は、日本でコロナウイルスによる危機が起こり、コストを節減するためだった」と伝えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ